HP作成費用の相場は?制作料金を抑えつつ最良のWebサイトを!

HP作成費用の相場は?制作料金を抑えつつ、最良のWebサイトを!

HP(ホームページ)作成をご依頼になる際、費用の相場を予め把握しておくことは、非常に大事です。
この記事では、Web制作料金に焦点を当て、コストパフォーマンスの高い最良のサイト構築について、掘り下げられたらと思います。

HP作成費用の相場

HP作成費用の相場-イメージ

「HP作成費用の相場」とは?

HP作成費用の相場とは、この記事ページでは、ホームページ制作における様々な項目、要素に影響される、一般的な価格帯、と定義したいと思います。
一口にHP作成費用といっても、次に挙げるように、Webサイト構築において制作の作業内容を細かく分けると、その項目ごとにまた、おおよその相場があるような状態です。
またこの記事ページでは、以下、主に10ページ以下で構成されるような、店舗や中小企業の「小規模サイト」を想定して、解説していきたいと思います。

HP作成費用における項目ごとの相場

項目ごとの費用相場 早見表

項目 費用の相場
Webデザイン 5万〜20万円 程度
コーディング、プログラミング 10万〜20万円 程度
コンテンツ制作 1万〜5万円 程度 / 1ページ
合計 20万〜80万円 程度

Webデザインの相場

ホームページの第一印象はやはり、Webデザインから生まれます。
Webデザインの品質やオリジナリティ等を突き詰めていくと、依頼するWebデザイナーに求めるクオリティが高くなり、HP作成費用は上昇するでしょう。
オーダーメイドでデザインを依頼する場合、小規模サイトだと費用の相場は
5万〜20万円 程度
になります。
一方で、デザインテンプレートを使用すれば、デザイン料を、ひいてはサイトの制作費用を削減できるでしょう。

コーディング、プログラミングの相場

HP作成の技術的な費用の相場は、求めるホームページにどこまで機能等を持たせるかで変動します。
プログラミング言語や機能の複雑性により、コーダーやプログラマー、エンジニアに求められる技術力や工数が変動し、それにともないHP作成費用も変わってくるからです。
比較的シンプルな小規模サイトだとだいたい、
10万〜20万円 程度
になるでしょう。

コンテンツ制作の相場

そしてHP作成には、コンテンツ制作が欠かせません。
ホームページのコンテンツとは、文章や画像、動画など、情報の内容といえます。
特に文章においては、SEO対策を依頼するかどうかで、コンテンツの制作料金は変わってくるでしょう。
SEO対策を施した文章は特に、Webライターに依頼する仕事になってきます。
コンテンツ制作、特に文章作成の相場は、1ページあたりの単価として、
1万〜5万円 程度
になるかと思います。

HP作成費用における相場の変動要因

HP作成費用の相場は、常に変動しているとお考えください。
需要・供給、市場競争、技術の進化などが、HP作成費用の相場に影響を与えるからです。
将来的なホームページ制作プロジェクトに備え、相場の変動要因についても考察していきましょう。

関連記事

SEO対策とは?初心者へわかりやすく基本や重要ポイントを解説

「SEO対策とは何?そんな言葉、今日、いま、初めて聞いた!」という初心者の方へ、わかりやすく。
SEOの基本や重要ポイント等に関して、できるだけ簡単な解説を心がけています。

HP作成における項目ごとの詳しい相場

HP作成における項目ごとの詳しい相場-イメージ

Webデザインの費用相場: オリジナル/テンプレート

Webデザインの詳しい費用相場 早見表

項目 費用の相場
オリジナルデザイン 10万〜20万円 程度
デザインテンプレート 0〜5万円 程度

Webデザインにかかる費用は、オリジナルデザインか、テンプレートの使用かによって、異なってきます。

オリジナルデザインの費用

オリジナルデザイン費は、Webデザイナーによって一から作り上げることになり、小規模サイトの場合は通常、
10万〜20万円 程度
になるでしょう。
ホームページ制作プロジェクトの、複雑性やデザインの特徴によって、費用は変わってきます。

デザインテンプレートの費用

デザインテンプレートを利用する場合、Webデザインのベースは制作側で既に用意されています。
これにより、
0〜5万円 程度
でホームページのデザインをスタートでるでしょう。
独自の要望や変更、HPテンプレートのカスタマイズがある場合、変動したり、あるいは追加のコストが発生するかもしれません。

コンテンツ制作の費用相場: 品質とSEO最適化

コンテンツ制作の詳しい費用相場 早見表

項目 費用の相場
Webライターに依頼する場合 1万〜5万円 程度 / 1ページ
SEO対策を依頼する場合 3万〜10万円 程度 / 1ページ

ホームページ制作の成功には、高品質かつSEOに最適化したコンテンツの作成が、欠かせません。

コンテンツの品質による制作費の相場

コンテンツの品質は、その作成費に直結します。
専門的なWebライターに依頼する場合の相場は、1ページあたりの単価として、
1万 〜 5万円 程度
でしょう。

SEOに最適化したページ単価の相場

SEO対策は、検索エンジンにおけるホームページの、ランキング向上に寄与します。
SEO対策も施されたコンテンツ作成を依頼するなら、1ページあたりの制作費単価は
3万 〜 10万円 程度
となるでしょう。

HP作成費用を抑えつつ高品質なWebサイトを制作する方法

HP作成費用を抑えつつ高品質なWebサイトを制作する方法-イメージ

HP制作の明確な定義と目標設定

制作プロジェクトを開始する前に、ホームページの明確な定義と目標を設定することが、重要です。
ホームページの機能、デザインの要件や、作成費、予算の上限などを明確にし、制作プロジェクトの方向性を定めましょう。
これにより、無駄な追加作業費やコストを避けることができます。

プロのホームページ制作会社に相談、依頼

やはりホームページ制作会社や、プロのWebデザイナーやエンジニアのアドバイスを受けることが、HP作成費用の予算内で、最良の選択をする手助けになるはずです。
特に経験豊富なプロであれば、HP作成費用の予算に合わせつつも、品質を犠牲にすることなく、最適な解決策を必ず提供してくれるでしょう。

自分でオープンソースツールを活用

一方で、極端にホームページ制作費用を抑えたいのであれば、WordPressなどのオープンソースのツールや、Wixなどのプラットフォームを、ご自身で活用することです。
例えばWordPressなどのCMS(コンテンツ管理システム)は、プロのホームページ制作会社のほとんどが使うほど強力なシステムで、拡張性もあるため、自力でそれらを使いこなせるのであれば、高品質なホームページを、無料から、かなりお手軽な費用で構築できます。

フリーランサーに依頼

ホームページ制作会社ではなく、当デザイン室のようなフリーランスのWebデザイナーやエンジニアに直接依頼することで、中間業者を排除し、作成費用を抑えつつも、HPの品質を保つことができます。
この場合、フリーランスのWebデザイナーやエンジニアと密なコミュニケーションを図り、ホームページ制作プロジェクトの進捗を正確に把握していくことが大切です。

ホームページ制作を、あえて段階的に

また、一度のホームページ制作で全ての機能やページを組み込むのではなく、プロジェクトをあえて段階的に進行させ、HP作成費用を分散することも、1つの方法です。
まず最初は最低限必要な機能やページから始め、例えば後に収益が上がったタイミングで、追加の機能を順次組み込んでいく、といったアプローチも、有効かと思います。
段階的なホームページ制作、HP作成費用の分散に関しても、制作会社やWebデザイナーに相談してみてください。

制作サイドとのコミュニケーションが重要

上に挙げた、どのホームページ制作方法をとるにしても、プロジェクトの進行中においては、依頼主と、デザイナーや開発者とのコミュニケーションが、非常に大事になってきます。
要件の変更や追加がある場合、ホームページ制作会社等と早めに共有しスムーズな進捗を保つことで、何より余分な作成費用やコストを避けられるようになるからです。

関連記事

ホームページ制作会社がひどい!?よく聞くトラブルとその対策

ひどいホームページ制作会社に依頼してしまったと感じるような、よく聞くトラブルと、その原因と対策。
そして最良のパートナーを選ぶための、事前のチェックポイントをご提案します。

ホームページ制作方法を比較

ホームページ制作方法を比較-イメージ

フリーランサー/ホームページ制作会社/オープンプラットフォーム

前のセクションで、ホームページ制作費用を抑えつつ高品質なWebサイトを制作する方法を、いくつか紹介しました。
フリーランサー、ホームページ制作会社、オープンプラットフォーム、この3つの選択肢が一般的です。
ここでは、それぞれのホームページ制作方法を比較し、あなたにとって最適な選択を見つけてください。

フリーランサー

メリット:

  • コストパフォーマンスが高い。
  • ホームページ制作に直接コミットできる。

デメリット:

  • 単独作業のため、制作範囲が限られる場合がある。

ホームページ制作会社

メリット:

  • プロジェクトチームで制作するため、多岐にわたるホームページ構築が可能。
  • プロジェクトマネージャーがいるため、ホームページ制作のスムーズな進捗が期待できる。

デメリット:

  • 一般的にはフリーランサーよりもホームページ制作費用が高価になりがち。

オープンプラットフォーム

メリット:

  • 自分で選べる幅広い選択肢がある。
  • プラットフォームが提供する保証やサポートが受けられる。

デメリット:

  • 個別のニーズに柔軟に対応してもらえないことがある。
  • 手数料や追加費用が発生する場合がある。

ホームページ制作方法はどれが最適か?

制作するホームページの性質や、作成費の予算、サイト制作期間などによって、最適な選択肢が異なってきます。
以下のポイントを考慮しながら、適切な制作方法を選びましょう。

ホームページの規模とプロジェクトの複雑性によっては

例えばサイトが大規模で、プロジェクトも複雑な場合、やはりホームページ制作会社に依頼するのが最も適している可能性が高いでしょう。
逆に、小規模サイトなら、フリーランサーが最も適しているかもしれません。

ホームページ制作費用の予算的制約によっては

ホームページ制作費用にあてられる予算が、どうしてもかなり限られている場合は、ご自分でオープンソースのソフトウェアやプラットフォームを活用することが、最適な制作方法でしょう。
しかし、それでホームページのクオリティが下がってしまったり、ブランドイメージが損なわれそうな場合、もしくは、あなたが本業に割くべき時間が削られたり、人件費のコストパフォーマンスが落ちるような場合は、まずはフリーランスのWebデザイナーなどに相談してみることが、ベストの制作方法かと思います。

ホームページ制作期間や納期によっては

例えばサイト構築にかけられる期間が著しく短い場合は、まずはホームページ制作会社に相談することがベストかもしれません。複数のプロジェクトメンバーでサイト作成するため、制作がスピーディでしょう。
逆に作成期間や納期に余裕がある場合は、当デザイン室のようなフリーランサーや、オープンプラットフォームを選択すると、ホームページ制作費用を抑えることができます。

まとめ

ホームページ制作において、HP作成費用の相場を理解することは、たいへん重要です。
デザイン、コーディング・プログラミング、コンテンツ制作など、項目ごとにコストが異なります。
デザインでは、オーダーメイドかテンプレートの選択、コンテンツ制作では品質とSEO対策の重要性に注目しました。

ホームページ制作費用を抑えながら品質を追求するためには、ホームページの明確な定義、プロへの相談、オープンソースツールの活用、フリーランサーの利用、プロジェクトの段階的な進行、そしてコミュニケーションの強化が、鍵となります。

最後に、ホームページ制作方法の比較では、フリーランサー、ホームページ制作会社、オープンプラットフォームのメリットとデメリットを確認しました。
ホームページの規模、費用、期間、品質の要件に基づいて、最適な選択をしてください。

これらのポイントを考慮することで、費用を抑えつつ、高品質のサイト構築が可能になるでしょう。

関連コンテンツ

ホームページ作成を高松市の会社が行う際のポイントと流れ

ホームページ作成、Webサイト制作を、香川県高松市の会社や店舗の方が行う際のポイントと流れを解説。ホームページ制作で得られる利点やそのアプローチについて。
当デザイン室のHP作成料金表も掲載しています。